四国の人はカラオケが好き?

ネット上で、10万人あたりのカラオケボックス数を都道府県別に調べたデータが紹介されていました。
単なる件数ではなく、人口当たりの件数を調べているところがセンスが良いと思います。

10万人当たりのカラオケボックス数が25以上になったのが愛媛県と和歌山県でした。
次いで多かったのが岐阜県、三重県、兵庫県、大阪府、広島県、岡山県、鹿児島県、それから愛媛以外の四国の県です。

西日本の県において、10万人当たりのカラオケボックス数が多いことが分かります。

一方で、長野と静岡以東の東日本においてはすべての県において10件以下です。
このデータが本当なのであれば、東と西ですっぱりきれいに分かれたのは何か意味がありそうですね。