日本の人口分布地図!

日本の人口分布地図を見るのが面白いです。
大体は都道府県別に人口密度の色が塗られている分布地図が多い。

一平方キロメートル当たりの人口密度が1000を超えるのは、
東京、大阪、愛知(名古屋、と言いそうになる)、福岡はもちろんのこと、埼玉、千葉、神奈川もこれを超える。

一方この人口密度が150を下回る都道府県は、北海道、青森、山形、秋田、岩手、それから鳥取と高知です。
この地図には人口が10万人以上の都市の分布も点で示されています。

県庁所在地くらいは分かりますが、そのほかにもたくさん中堅都市があります。
都会を取り囲むようにしてこれらの町があって、私が生まれ育った町もその一つです。
新潟とか、九州とかの中堅都市に行ってみたいです。